ヨガ教室トリーニとは | 千歳のヨガ教室ならトリーニ

ヨガ教室トリーニとは

About Trini

ヨガ教室トリーニの役割。
それは、一人一人に寄り添うこと…。
心と身体の安らぎの場でもあり、元気を取り戻す場でもあり、学びの場でもあります。
お子さんが一緒に通える教室なのもその理由です。
ここなら、お子さんが泣いてもはしゃいでも気にせずにいられます。
通われる生徒さんも皆さん愛と理解のある方ばかりです。
トリーニはあなたが、あなたらしくいられる場所なのです。
レッスン と スクール を通してあなたの支えと活力になれることを願っています。

トリーニは子連れ歓迎のヨガ教室、第一号店です。

“ 子連れ歓迎 ” 子どもは、ときに泣くし、騒ぐ。でもそれが当たり前です。
無理になだめることなく、お子さんの気持ちをそのまま受け止めてあげてください。
レッスンの途中で大泣きしても、全然気にしなくていいのです。
参加されるすべての人が“お互いさま”のきもちで“歓迎”しているのがトリーニの
ヨガレッスンです。様々な月齢のお子さんがレッスンにきます。
お子さんがいる事を暖かく見守って下さる生徒さん達ばかりですので、
どうぞ安心していらしてください。
お子さんもその日によってはご機嫌だったり、ぐずったりします。
少しづつ成長していく姿を眺めるような気持ちでヨガを楽しんでください。
老若男女問わず、すべての垣根を越えて、みんなが気兼ねなく自分の時間を持てますように。
ヨガで心身ともリフレッシュできますように。

お一人様でのご利用も歓迎しております。

ヨガを始めるきっかけや目的、捉え方は十人十色で人それぞれです。
お友達やご家族でご利用いただいてももちろんOKですが、目的が違うのに無理して一緒にレッスンを受けてもお互い気を遣うだけになります。
本気でヨガを極めたい、将来ヨガの講師やインストラクターになりたい、など目的や目標がはっきりしている方は、是非お一人様でもレッスンを受けてみてください。
本当の自分をあなたの心の鏡に映し出し、体力・気力ともに充実した毎日を過ごすきっかけになるはずです。

ご予約・お問い合わせ

トリーニのレッスンには、大きく分けて4つのプログラムがあります。
マンツーマンで行うレッスンや、グループで体得するプログラムがございます。
興味のあるレッスンから始めることで、ココロとカラダを徐々に整えていくことができます。
アーサナ(Body)をすれば、あなたのココロ(Mind)が整う。
すると、本来の自分(Spirit)でいられる。
アーサナを生きることすべてに繋げていきましょう。
私たちはもっともっと自由になれます。

講師紹介

藤森 智子satoko fujimori

ヨガ教室トリーニ 代表

北海道千歳市出身。
北海道北広島高校卒業。
北星学園大学社会福祉学部福祉臨床学科卒業後、大手自動車メーカーに入社。女性新車セールスとして異例の販売実績を打ち立て次々と記録を塗り替え、入社2年目で特別新人賞を受賞。
2010年に退社後は、国土交通省東京航空局新千歳空港事務所で3年間勤務。
長女を出産後に退社、ヨガと出会いヨガ講師として市内教室に勤務。
長男出産後に独立し、【子連れ大歓迎・ヨガ教室トリーニ】を設立。
2020年9月で4周年を迎える。
ヨガや同じ心境の人同士が集まれるコミュニティを通して母子の健やかな心身状態をケアすることに注力し、2019年~は千歳市の子育て支援事業「ぷちゼミ」の講師をつとめる。
レッスン・スクールを運営する傍ら幼稚園や小学校、各種団体への出張レッスンをおこなう。

- ヨガ教室を始めたきっかけ -

あの時の“いじめ”がトリーニを作った

小学校4年生から中学校卒業までいじめにあっていました。
学校に行くのがとてもイヤでした。
それでも誰にも相談できずになんとか通っていました。というか、当時の自分がどんな心の状態で学校に行っていたのかを詳細に思い出すことができません。

ただ、当時の私を救ってくれたのは「アニメ」と「マンガ」でした。
今では日本の文化として受け入れられている「アニメ」「マンガ」ですが、そのときはひっそりと周囲にばれないように楽しんでいました。
偶然にも同じ作品が好きな友達と巡り合えて、放課後はすぐに学校を飛び出し友達と語り合っていました。

中学卒業後の電車通学を機に、少し世界が広がり高校ではいじめと離れて生きることができました。
しかし、6年間のいじめの経験は人間関係をスムーズにすることに抵抗を生みました。
また嫌われるかもしれない。またなにか言われるかもしれない。
そんな気持ちが根深くあったので高校、大学、就職での人間関係も自信がなく、せっかく仲良くなった友達とも徐々に疎遠になっていきました。
結婚・出産後ではいわゆる「ママ友」づくりが怖く、同じ年頃の子どもが集う場などにはなかなか足が向きませんでした。

“ヨガ”がわたしに教えてくれたこと

しかし、ヨガと出会ったことがきっかけで、私の暗く冷たく重々しいいじめの経験に少しずつ変化が生まれました。
今まではいじめてきた相手が憎い、自分はこんな辛い境遇なのに楽しそうにしている人が憎い。
そう思っていたけれど、いじめていた相手もいじめなければならい程に何か辛い我慢があったのかもしれない。楽しそうに過ごしている人だって、抱える苦しみがあるかもしれない。
ヨガは目の前にあることは結果にしかすぎず、その結果をどうとらえるかはその人の心の在りよう次第だということを私に教えてくれました。

ヨガは格好よくポーズを決めるものではありません。
一つ一つの形に意味はありますが、意味以上のものはアーサナ(ポーズ)に励む過程で経験していくものです。その経験はあなた自身の貴重な財産となるでしょう。
自分の心の在りようで人生はどのようにも美しく見えるのですから。

実際、どんなにつらい境遇でも「マンガ」「アニメ」を共有した友達とは今でも繋がっています。
そして、私には新たに「ヨガ」が加わり、多くの大切な友達・師と知り合うことができました。
辛く苦しいいじめの経験でしたが、その経験なくしてはヨガ教室トリーニが今のカタチになることは絶対にありませんでした。

ヨガは身体にもアプローチをしてくれますが、私たちの核となるのは身体ではありません。
ココロです。
ココロの在りようを明確に知ることがヨガの面白さです。

好きなモノが在る、ということは大きな支えになります。そして、好きなモノが共有できる友達に巡り合えるのはとてもとても幸せだということも。
ヨガ教室トリーニを通して、あなたが好きなモノと出会えますように。