ヨガ。このままで、いいのだろうか? | 千歳のヨガ教室ならトリーニ

新着情報・ブログ

News・Blog

ヨガ。このままで、いいのだろうか?

こんにちは、こんばんは。

 

 

ちょっとここ数日で私の周りで

多く話題に上がっているお話を

今日は書きますね!

 

 

 

 

それは、

ヨガの先生たちからのこぼれ話。

 

 

 

 

 

 

トリーニには

心身の健康を維持したい思いからヨガをしている人も、

別のところで一所懸命ヨガを教えることに励んでいる先生も

通ってくださっています。

 

 

 

 

 

その先生が、もしくは先生が相談を受けたお話で多いのが

 

 

 

『なんか、ヨガって、、、体だけをどうにかすることが

最終的に行き着くところでは無い気がしてきた。

 

 

 

かっこよく美しくアーサナをすることに向けて

時間も労力もかけてきたけれど。

 

 

“何か“ははっきり言えないけれど、

“何か“が違う気がする。

 

 

 

前から薄々勘づいていたけど

自分のしているヨガに違和感が出てきた。

 

 

 

でも、それをどうやって学べばいいのか

わからなくて困っている』

 

 

 

 

 

もしこのブログを

ヨガの先生が読んでいたら、

 

もしこのブログを

ヨガを長く実践している人が読んでいたら。

 

 

 

 

あなたは、どう答えますか?

 

 

 

 

 

 

私は身近な生徒さんには

こう答えました。

 

 

 

 

 

 

『私も全く同じ思いを数年前にしましたよ。

当時の私はまだまだ“身体至上主義!!“的なところがあってね。

 

ただ、漠然と。

ただただ、漠然と、

それではヨガとしては簡単すぎると思ったのです。

 

 

 

こんなに長く秘されてきた部分もあるはずのヨガなのに

簡単に身体だけで片付くわけがない。

 

 

 

でもね、

 

 

 

多分、今の練習のやり方を継続しただけでは

あなたの知りたいことは

確実に知ることはできないよ。

 

 

 

 

あなたは“頭”で知りたがっている。

あなた以外の多くの人も“頭”で理解しようとしている。

 

 

 

“頭”は何にも、知らないし、

知ったと思ってしまったら、

その先にはまた行きづらくなってしまう。

 

 

 

私の頭は“知る”ことが好物みたいでね、

“知る”という栄養をぐんぐん吸収すると

とっても喜ぶんだ。

 

 

 

美味しい、美味しい、もっと欲しい、って。

 

 

 

 

だから喜ぶ分だけたくさん与えていたよ。

身体の構造のこと、

哲学のこと、

アーサナのこと、

とにかくたくさん。

 

 

 

 

でもね、

喜んだ分だけ私の世界は小さくなっていったんだよ。

 

 

 

しかも、その事実を知るまでに相当時間がかかったし、

認めたくないっていうプライドかな?そんなのとも直面して

先生でいることを恥じたこともあったよ。

 

 

 

 

ただ、大丈夫。

今どの場所にいようとも

必ず一歩つづ練習ができるよ。』

 

 

 

 

 

 

 

精一杯の声かけです。

 

 

 

 

 

きっとスクール・講師養成講座の生徒さんや

レッスンに通ってくれている生徒さんは

なんとな〜くわかってくれると思います。

 

 

 

 

それで十分です☺️

 

 

 

 

 

いつも初めましての生徒さんでも

『なんとなく、来ちゃった😋』

という感覚の生徒さんが会いに来てくれるので

それだけでとてもとーーっても幸せです。

 

 

 

 

もう一度、今だからこそ、

ヨガを丁寧に練習してみませんか?^^

 

 

 

 

 

 

#ヨガ教室トリーニ