プロセスを探る | 千歳のヨガ教室ならトリーニ

ブログ

Blog

プロセスを探る

今日のレッスンは最近ではお馴染みの

『ダンススタジオ アズ ライフ』さんでした。

 

 

緑の中に佇むスタジオです^^

今日はお天気が良かったので

さらに心地よい雰囲気でした。

 

 

 

こちらがスタジオの入り口です。

 

 

 

 

 

 

こちらで社交ダンスの指導をなさっている

あゆみ先生もレッスンに参加してくださっています。

 

 

 

とても笑顔がチャーミングな先生でして、

気さくに色々とお話をしてくれるのです。

 

 

今日もレッスン前の雑談の中で、

 

 

「なかなかドッグポーズがねぇ、、、」

 

という話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

これですね。

 

ヨガでは休息のポーズのうちの一つなんて言われます。

 

 

 

当然、『休息』というくらいですから、

身体を強く使っているということではない。

 

使っているけれど、同時に緩みもある。

 

しかし緩みきってぐちゃりとしては

この形は保てない。

 

 

 

 

この逆三角形のような形を保つ

必要最小限の力を用いて

身体のコントロールを・・・

 

 

 

なんて言葉にすると。。。

 

 

 

 

分かるものも分からなくなるのが

アーサナの難しいところでもあり

面白いところではあるのですが。

 

 

 

 

ダウンドッグの場合、人によって

やりにくいと思う身体の場所は違うと思います。

 

 

「ダウンドッグね〜難しいよね〜」

などと話をしながら

レッスンが60分終わりました。

 

 

 

 

レッスン後、あゆみ先生とおしゃべりの中で

先生がこう、おっしゃったんです。

 

 

 

「ドッグポーズのカタチをどう完成形にするか?ということを考えて調べたりしたけれど、先生がどんな動きをしながらドッグポーズになるのかを見ていたんです。

その動きを真似したら以前より楽に出来ました!」

 

 

 

 

いやぁ、さすが身体を動かすプロの方。

 

 

 

ポーズってね、

その瞬間の形を決められたカタチにはめ込みたくなるのですが、

その気持ちが強すぎると

身体はどんどん動かなくなってくる。

 

 

であればいっそ、

どうやって動くのだろうか、と

じーーーーっと見てみると。

 

 

 

意外にも

「あぁ、こうやっているのか。自分はちがう動きをしていた」

 

 

という発見があったりするものです。

 

 

 

見方を変えるのは

一瞬でできます。

 

 

 

もしあなたが取り組んでいる方法でうまく目的地にいけなかったら、

エイッと違う方向から見ようとしてみるのはいかがでしょうか?

 

 

違う方向から見た問題点は

意外にもあっさり片付くかもしれませんよ?

 

 

 

 

ーーーー

過去の似た記事はこちらから💁‍♀️

↓↓↓

良い方にハズレた

多様性を大切にする前に

殻を破ってみませんか?

 

 

ーーーー

最近の記事はこちら💁‍♂️

↓↓↓

長い目で見て【スクール生募集中】

9月後半はおうちヨガあるよ!

【クーポン付き】公式LINE新アカウント

時間の感じ方